home

メタトレーダーのメリットとは?

メタトレーダーの最大のメリットというのは、システムトレードがEAという自分で作った自動売買のためのプログラムを使ってできることであると言われています。多少プログラムや英語の知識が必要になりますが、オリジナルのプログラミング言語が分かれば、オリジナルのEA以外のテクニカル指標も作成することが可能です。

自分流で細かな設定を行って、トレードを行いたいシステムトレーダーにとっては、理想的なものです。開発力がそこまでなくても、メタトレーダーの世界中の利用者が作った指標やEAが公表されているため、そのようなものを利用することも可能です。

しかしながら、オリジナルの指標や自動売買を作るというような高度な利用が、メタトレーダーの一番のメリットでしょうか?このような高度な機能を使うことができないほとんどの人は、どのようなメタトレーダーのところに魅力を持っているのでしょうか?

hiuererMT4=メタトレーダーは世界中のトレーダーが愛用している取引ツールでもあり、XMもこのプラットフォームを提供しています。MT4は多くの人に利用されているだけあって、FXや先物取引などの主要な取引を始め、CFDを自分の希望通りリクオートなしで取引できる優秀なプラットフォームです。

その他にも便利で使いやすいチャートツールを備えており、値動きの分析には必須なアイテムが揃っています。ダイレクトに配信される経済ニュースもストリーミング配信されているので、大事な情報を逃しません。取引は手動で行うことも可能ですが、カスタマイズされた指標にも対応しているので自動発注することもできます。トレーダー自身の戦略に沿った指標や、プロフェッショナルが考案するエキスパート・アドバイザーの指標設定も可能ですので幅広い手法の取引が行えます。
hiurerePepperstone(ペッパーストーン)は、海外FXブローカーの中でも珍しい特徴を持っています。それは日本国内のメガバンクである三井住友銀行から、直接Pepperstoneの取引口座へ入金が可能だという点です。相場の動き方を随時チェックしながら、資金の移動がスピーディに行える体制は利用者にとって非常に嬉しいサービスです。また、様々な入金方法に対応しており、VISAやMASTERCARDといったクレジットカードから、銀行送金や、Moneybookersといったネット経由での入金も可能です。FXブローカー同士での資金移動もできるため、FXDDからPepperstoneへ資金移動ということもできる柔軟さはPepperstoneならではのサービスとも言えます。

海外ブローカーとはいえ、Pepperstoneには日本人スタッフも在籍しているので、英語に苦手意識を持っている方でも心配はいりません。質問や不明な点があれば日本語で会話をし、日本語で返答がもらえるので安心して取引に注力できます。国内の三井住友銀行から入金できるPepperstoneは、海外ブローカーならではの出金や送金の煩わしさを解消し、日本人スタッフの対応で英語での不安も取り去っているという二つのポイントが安心してトレードができる最大の魅力です。Pepperstoneは簡単にかつ安心してトレードできる体制が整っているFXブローカーの一つです。
iuyrerFXで取引できる通貨ペアというと、どれくらいの種類が思い浮かびますか?FX業者の取り扱い数は10ペアから20ペアくらいが平均的ですが、アイフォレックスではなんと63種類から選んで取引することができるようになっています。

どうしてそんなにたくさんの通貨ペアが他の業者よりも揃っているのかといえば、扱っていない業者も多いマイナー通貨も網羅しているからです。マイナー通貨は価格のアップダウンが激しいという特徴を持っているため、初心者向きとは言い難い面はありますが、うまく相場を読むことができれば、まさに一攫千金のチャンスも。マイナー通貨にいつかはチャレンジしてみたいと思っている方は、まずアイフォレックスで口座を開設し、安定性の高いメジャー通貨で取引に慣れてから、マイナー通貨にチャレンジしてみるといいのではないでしょうか。
iurereNrgBinary(NRGバイナリー)は設立が2012年という新しい会社です、元々はヨーロッパを中心に西アジア・アラブ諸国でサービスを展開しているイギリスのバイナリーオプション業者ですが、ハイローで証明されているように最近の日本でのバイナリーオプションへの関心の高さに対応すべく、日本語でのサービスも開始しました、バイナリーオプションの初心者でも安心して取引が出来る様取引金額も500円からになっています。

取引方法は「ハイ・ロー、60秒オプション、ワンタッチ、オプションビルダー、プロトレーダー」が提供されています。NGRバイナリーで3万円以上入金すると入金額に対して50%のボーナスが貰えます、このボーナスには出金制限が掛りますが、ボーナスを運用して出た利益に対しては出金制限は掛らず、元々の入金額とボーナスで得た利益に関しては何時でも出金することが出来ます。


国内においては、実はチャート専用のソフトとして、メタトレーダーを使っている人がほとんどなのです。トレーディングの機能を使用しなくても、テクニカルを分析するためだけとしても魅力が十分にあることが分かります。テクニカル分析を重要視している人の場合には、メタトレーダーの分析環境というのはどこよりも優れています。

テクニカル分析におけるメタトレーダーの優れた点は、次のようなことです。

・テクニカル指標が50種類以上、初期状態から準備されている

・同時に使えるテクニカル指標は限度がない

・チャートはFX以外のものも表示できる

・通貨ペアが違う時間足を4つ表示して比較できる

・オリジナルの指標を自分で作れる

・チャートを描く速度が速い

このような理由で、チャートを分析するためにメタトレーダーの業者の口座を開いて、実際に取引を行う場合は日本の業者を利用する、というような方法も多いそうです。また、大きなもうひとつのメリットは、テクニカルの分析環境は業者が変わっても変えなくて良い、ということです。分析ツールというのは、時間が高性能・多機能なほど使用できるようになるまでかかります。

特に、国内においては、FX業者が多くあり、それぞれの会社で適用しているツールは違っています。もし、FX業者を何かの理由で変えたい時、最初から新しいツールを勉強する必要があります。しかしながら、メタトレーダーの場合は、世界中で多くのFX業者が適用しているので、FX業者をスムーズに変えることができます。テクニカル分析、チャート、メタトレーダーのことがまだよく分からないという方には、まずは一度訪問して、デモ口座を試してみることをお勧めします。

投資とトレード

投資は企業が行っている事業の分野に将来性を見出したり、その会社自体の将来性に期待して資金を投じることをいいます。
そのために基本的に投資は短いスパンでの売買は行わず、その会社を支持して応援する意味でも、長期間持ち続けることが一般的ですが、投資対象は投資家の考え方で違ってきます。

例えば共存他社が少なくて、それでいて社会的なニーズがこれから広がりそうな事業であったり、過去に何らかのかたちでお世話になってその事業の重大性を感じたり、単に収益を増やして増益を続けていて、これからもその傾向が変らないと思われる会社であったりなど、将来の成長を見越して先行して行っていくのが投資になります。

具体的な投資先の探し方としては、株式を上場している企業は基本的に何らかの形で社会に貢献しているわけですが、その中でも投資家が得意な分野であったり、その事業に興味を持っていて詳しい分野から探すと探しやすくなるので、その会社の行なっている事業が社会に与える好影響を意識して、応援して行きたいと思える企業を選んで投資を行なうこともひとつの投資方法になります。

買うタイミングは、長いチャートを見て安値付近に来たら買うスタンスが良いですが、そこまで安くなるのを待たなくても、業績関係なく大きく下落したらそのタイミングで少しずつ買い足していく買い方でも大丈夫です。

トレードは会社の価値よりも、その時点での株価が高いか低いかで売買を行っています。
デイトレーダーや短期のトレーダー、そしてコンピューターによる自動売買は投資ではなくてトレードになります。
毎日行われている株式の売買では、多くのトレーダーが買うか売るかを考えながらその値動きを見ています。

その結果が株価として現れ、その株価の軌跡がチャートという目に見える形で現れていきます。
そして、そのチャートの形でも売買を行うトレーダーがいます。
しかし、チャートはあくまでも軌跡なのでこれからの動きを必ずしも保障するものではありません。
そのような中でトレードで成功するには、株価の引力を意識することと俊敏な行動力が必要になります。
引力が信用倍率なのかチャートの乖離率なのか出来高なのか、引力の基準は銘柄その他で違いますが、その銘柄の引力を把握して下げすぎたときに買って上げすぎたときに売るように意識することが重要になります。

特に上げている時は何時までも上げ続けるように感じてしまうものですが、上がる株はいつかは引力に引き寄せられて下げていきます。
そこで、下げる引力が働いたら売る事ができる俊敏力が重要になります。


top