home

FXでは金利も重要?

FX取引では通貨の売買を行って利益を出すわけですが、最重視されるのはいったいなんでしょうか。
それは言うまでもなく、通貨のレートです。FXでは為替レートが何よりも重要で、一瞬たりとも目を離すことができません。
しかしレート以外にも、その通貨を発行している国の「金利」も見逃してはいけません。今回は金利について少し考えてみたいと思います。

なぜ金利が重要なのかというと、FXでは通貨を売買することになりますので、二つの通貨ペアで金利差が発生するためです。
これをうまく活用することによって、ポジションを持っているだけで利益が発生する場合もあります。これをスワップポイントといい、これを目的にFXを利用している人も少なくありません。

スワップポイントに最も影響がある通貨は、我が国の通貨である「円」です。なぜなら、日本円というのは非常に低金利だからです。
あまりにも金利が低いため、日本人の中には金利を受け取るという行為に違和感がある人もいるのではないでしょうか。銀行にお金を預けても金利なんてほとんど発生しませんしね。
しかし外国の通貨というのは金利が日本円よりも高いことが一般的なため、日本円を売って外貨を購入することによってその金利差を受け取ることが可能になります。逆に金利の低い日本円を購入する場合には金利を支払うことになってしまいます。

似たようなものに外貨預金がありますが、外貨預金は手数料が高いですし、FXのように多彩な通貨を利用することができません。
またFXが毎日、金利を受け取ることが可能なのに対して、外貨預金では一定の期間ごとにしか金利が発生しません。何よりFXと違い外貨預金ではレバレッジが利用できませんので、たくさんの資金を用意できない人にはメリットが少ないです。

ちなみにどれぐらいの金利がもらえるかというのは、FX会社ごとに異なります。1日あたりではそれほど差がないように思えるかもしれませんが、積み重なれば大きな金額になります。
FX会社を選ぶ基準は様々ですが、スワップ金利を目的にFXを利用したいと考えているのであれば、スワップ金利は少しでも高いところを選んだ方がいいかもしれません。
他にも金利の高さだけではなく、通貨ペアの多さもスワップ金利には重要となります。どちらかというと、メジャーな通貨よりもマイナーな通貨の方が金利は高い傾向があるからです。
もちろん金利が高いということはそれだけリスクも抱えている通貨ですので、安易に金利だけを追い求めるのは考え物ですが、選択肢は多い方がいいのではないでしょうか。
通貨ペアは日本国内のFX会社よりも海外のFX会社の方が多く利用できる傾向が多いようです。もし日本国内に満足できる会社がないのであれば、選択肢に入れてみてもいいかもしれません。


top